水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

水戸市・ひたちなか市で建築家と注文住宅を建てるメリットは?こだわりの夢のマイホームを手に入れよう

家づくりノウハウ
公開日:2024.06.28
最終更新日:2024.07.01
株式会社八文字建設の家づくり写真
株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.06.28
最終更新日:2024.07.01

水戸市・ひたちなか市で建築家と注文住宅を建てるメリットは?こだわりの夢のマイホームを手に入れよう

住宅購入について考えるファミリー
家づくりは、多くの方にとって一生に一度の高価な買い物といえます。「しっくりこないから買い直す」ができないからこそ、ご自身のライフスタイルに合った家づくりで満足のいくマイホームを手に入れたいと考える方も多いでしょう。

頭の中で思い描く理想をコスト面など、さまざまな条件を考慮しながらカタチにしてくれる建築家との家づくりは、メリットが多くあります。この記事では、建築家と注文住宅を建てるメリットなどを紹介していきます。

目 次

建築家と注文住宅を建てるメリット

メリットを話すにこにこマーク
まずは、建築家と注文住宅を建てるメリットには、どのようなものがあるのでしょう。ここでは、4つのメリットを紹介します。

建築家ならではのデザイン

家づくりを始める際に一般的な建築家の場合、形式に沿って話をすすめることが多いです。例えば、平屋なのか2階建てなのか、部屋数はどのくらいなのか、といった質問をされるでしょう。
しかし、建築家の場合は、「これから建てる家で何をしている姿を思い浮かべるのか」といった、建主が家にどのようなことを求めているのかをヒアリングします。そのため、「本当に大切なこと・必要なもの」を建主から読み取り、はっきりとイメージできるのが特徴です。建築家は、建主の好みやライフスタイルに沿ったデザインを提供してくれるのです。

パッシブデザインの住宅が建てられる

エコ住宅のイメージと笑顔の家族
パッシブデザインは、エアコンなどに頼らず、太陽熱や風といった自然エネルギーを取り入れて住宅の温熱環境を整える設計手法のことです。「パッシブデザインを取り入れた住宅」や「パッシブデザインで設計された住宅」が、いわゆる「省エネな住宅」とされています。
快適かつ高性能なパッシブ住宅の実現は、設計者の手腕が大きく関わります。確かな設計力と高いデザイン性を両立できる建築家であれば、パッシブデザインを取り入れた設計の提案も可能にするでしょう。
パッシブデザインには、断熱・日射遮蔽・通風・昼光利用・日射熱利用暖房の5つの要素があります。この5つの要素を住宅に取り入れることが、パッシブデザインとして認められる条件です。

断熱

「高断熱、高気密」が、パッシブデザインの基本となります。屋根や外壁、床、窓などの断熱性能を高めることで、住宅の保温性能を向上させます。とくに暖房のエネルギー消費量が多い冬の時期は、部屋の温度差を少なくすることが省エネに繋がるでしょう。
断熱性能の高さを表す指標には「UA値」があり、数値が小さいほど高断熱な住宅といえます。

R+houseひたちなかでは、UA値0.48未満という断熱性の高い注文住宅の提供を可能にしています。どのエリアでも、地域に合わせた快適な居住空間を手に入れられる住まいの提案を心がけているのが特徴です。

日射遮蔽

室内の温度が高くなりやすい夏の時期は、窓から日射を入れないための設計にすることが大切です。軒や庇をつけることで、直射日光を防ぎ快適な室内空間をつくり出せます。そして、太陽の熱をカットすることが、冷房に使うエネルギーを抑えることに繋がるでしょう。

通風

室内に熱がたまらないようにする通風も、住環境を整える大切な要素の一つです。その地域の風の特徴を踏まえたうえで、住宅内の風の動きを予測して窓の大きさや配置を設計します。吹き抜けや高窓を設けたり、ウィンドキャッチャーを採用したりして、風を住宅内に取り込む工夫を行います。

昼光利用

居住環境を充実させるためには、「明るさ」も重要なポイントです。太陽の出ている時間帯にもかかわらず、照明をつけなくては生活できないほど暗い環境では、照明エネルギーを削減できません。
リビングなど、昼間長く過ごすことの多い部屋には、2面以上に窓を設けることが基本となります。吹き抜けや天窓、中庭をつくるなど、光をとりこむための方法はいくつかあります。

日射熱利用暖房

日射熱利用暖房は、冬に窓から日差しを室内へと取り込み、室内の温度を上昇させ夜間に暖房として利用するためのデザインのことです。日射量は、地域差や立地などが大きく関わるため、そういった条件を踏まえたうえで、検討する必要があるでしょう。

土地形状に合わせたデザイン

一般的に家を建てやすい土地の形は正方形と長方形であり、住宅設計の自由度が高いとされています。一方で、家が建てづらい土地の形は、三角地や台形地、傾斜地などです。さらに、このような変形地のほか、都市部などに多い狭小地なども存在します。
予算や立地などの都合上、変形地や狭小地に注文住宅を建てるケースもあるでしょう。部材や工法などで自社制約のあるハウスメーカーなどの場合、提案自体ができないといったケースもあります。しかし、建築家なら注文住宅を建てる条件が不利な土地であっても、その土地の特性や自然環境などを最大限活用して空間をつくり出すことができます。

シンプル&高性能なコスパの良い家づくり

建築家に依頼する注文住宅は、「高い」という印象を持つ方も多くいるかもしれません。しかし、R+houseひたちなかでは、建築家が建主の希望を聞いたうえで、建築コストも意識した設計を行い、建築費用のロスを省いたコストパフォーマンスの良い住宅をご提案します。

建築家がデザインしたR+houseひたちなかの施工事例

ここからは、建築家がデザインしたR+houseひたちなかの施工事例を紹介していきましょう。

>>参考コラム:茨城県ひたちなか市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?

明るくて開放感解放感のある生活感をださない平屋

間接照明であかりがプラスされたTVボードデザイン
建築家とのヒアリングで、「明るく開放感のある家、生活感を出さずにシンプルな暮らしをしたい」という建主のこだわりが挙がりました。玄関からの水回り動線、クローゼットを通過してからリビングに行ける動線を実現。明るさと解放感のある居住空間を確保するため、大きなサッシを配置したほか、仕切りを少なくすることでより一層広い空間を感じやすいリビングとなっています。

>>ひたちなか市の施工事例:生活から趣味まで【楽しい!】を詰め込んだONE BOX HOUSE

趣味を楽しめるインナーガレージのある家

インナーガレージのある白い家
「好きなものに囲まれて暮らしたい」という建主の要望を叶えた注文住宅です。愛猫と暮らすご夫婦2人の趣味は、車やバイク、キャンプなどのアウトドア。ガレージにある愛車を眺められるようリビングには床窓を設けるなど、「好きなものに囲まれて過ごす」という建主の希望に沿ったカタチとなっています。さらに、リビングには、大きな吹き抜けを設置することで解放感のあるスペースも確保し、贅沢なリビングを実現しています。

>>ひたちなか市の施工事例:趣味を愉しむインナーガレージのある家

昼間は照明いらずの明るい家

木のぬくもりを感じる和モダンなインテリアのLDK
こちらの注文住宅は、日中照明いらずの採光豊かな明るい家となっています。明るさのポイントは、空からの光が吹き抜けを通して、下の階まで取り込んでいる部分です。
木材で統一された落ち着きのあるダイニングキッチンも、窓から明るい光が差し込む設計となっており、とても明るい印象を受けます。明るく落ち着きのある居住空間が広がっているのが特徴の注文住宅です。

>>施工事例:採光豊かな明るい家

限られた敷地を最大限生かして建てられた家

黒いスッキリとした外観の家
こちらの住宅は、敷地面積60坪の縦長の土地に建てられています。難しい立地条件を見事にクリアし、建主の要望も叶えた建築家のアイデアが詰まった注文住宅です。
庭スペースの代わりに設けたバルコニー、窓の設置にこだわり景色を絵画のように楽しむリビング、リビング横にある小上がりの畳コーナーなどを設けています。おしゃれな空間が室内に広がっている注文住宅です。

>>那珂市の施工事例:狭隘の地に建つ家

水戸市・ひたちなか市で建築家とつくる注文住宅はR+houseひたちなかへ

飽きにくい住宅デザインや高性能な住宅など、建築家とつくる注文住宅は、希望するデザインや間取りを予算などに配慮しながら提案・実現します。
R+houseひたちなかは、創業130年の歴史ある工務店であり、地域に根付いた工務店といえます。そんなR+houseひたちなかでは、建築家との家づくりが可能です。単純に建築士としての資格があるだけでなく、お客様が思い描くマイホームのイメージを具現化します。そして、お客様一人ひとりのライフスタイルに沿った空間デザインを提案するのがR+houseの建築家です。
R+houseひたちなかは、水戸市、ひたちなか市で多くのご家庭へ注文住宅を提供してきました。そんな水戸市、ひたちなか市で、建築家との家づくりに興味のある方は、是非、R+houseひたちなかにご相談ください。
#茨城県水戸市 #茨城県ひたちなか市#建築家 #注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高断熱 #デザイン #事例紹介

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.07.01

水戸市周辺の注文住宅で取り入れたいパッシブデザインとは?概要やメリットを紹介します

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.28

茨城県水戸市・ひたちなか市で注文住宅のガレージハウスに住みたい!メリットやデメリット、施行事例を紹介

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.26

水戸市周辺で注文住宅を建てるなら性能を高めよう!水戸市の気候を踏まえた家づくり

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.06.09

水戸市周辺で快適かつ健康的に暮らすには換気設備が重要!換気の種類についても解説

前へ
水戸市の土地価格相場は?地価推移や家づくりのポイントを解説
水戸市周辺の注文住宅で取り入れたいパッシブデザインとは?概要やメリットを紹介します
次へ
水戸市の土地価格相場は?地価推移や家づくりのポイントを解説
水戸市周辺の注文住宅で取り入れたいパッシブデザインとは?概要やメリットを紹介します

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

明るい光が差し込むLDK

耐震等級3の 高耐震住宅

茨城県水戸市やひたちなか市といった地域は地震や災害が多い地域ではありませんが、とは言え、地震発生による住宅の安全性への不安はお持ちではないでしょうか。私たちR+house水戸ひたちなかでは、水戸市やひたちなか市に住む方々がより安心・安全な暮らしを実現できるよう、耐震性能にこだわった注文住宅を提供しています。
高断熱住宅のダイニング

高断熱な注文住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
R+house建築家

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house 水戸店
住所
茨城県水戸市けやき台3-6-1スカイヒルズ102
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日
R+house ひたちなか店
住所
茨城県ひたちなか市田中後7-4
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日