水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

水戸市・ひたちなか市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

家づくりノウハウ
公開日:2023.10.31
最終更新日:2024.01.24
家づくりノウハウ
公開日:2023.10.31
最終更新日:2024.01.24

水戸市・ひたちなか市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

住宅とお金の問題イメージ
マイホームを建築するときは建設費だけではなく、家を建てた後にかかる維持費を把握しておくことが重要です。

この記事では、水戸市・ひたちなか市の光熱費や固定資産税、建物の劣化を維持するための費用などについて解説します。これから水戸市周辺で注文住宅を建てることを検討している方は、ぜひ、参考にしてください。

目 次

水戸市・ひたちなか市での一戸建ての維持費と特徴

公共料金の計算イメージ
一戸建てを所有するとなると、光熱費は今まで支払っていた金額より高くなることもあり、固定資産税などの税金が毎年発生するようになります。
ここでは、水戸市・ひたちなか市における一戸建ての維持費と特徴について解説しましょう。

水戸市・ひたちなか市の光熱費

以下は、二人以上の世帯における1世帯当たりの1年間の光熱・水道代です。水戸市と東京都区部を比較しています。
表 2人以上の世帯における1世帯当たりの1年間の光熱・水道代の水戸市と東京都区部の比較
参考元:総務省統計局「家計調査年報(家計収支編)2022年」第6表」

水戸市は東京都区部と比較すると、光熱・水道代が高いことが分かりました。
ガス代が東京都区部と比べて高いのは、プロパンガス代による影響が大きいためです。茨城県などの北関東では都市ガスがあまり整備されていないため、プロパンガスを使用する地域が多くプロパンガス代がかかってきます。

また、寒さが厳しい水戸市の地域では灯油ストーブを使用することも多いため、灯油代がかかり、他の光熱の項目が高くなる傾向にあります。電気代や上下水道料も東京より高いのが特徴です。
したがって、水戸市周辺に家を建てる場合は、光熱・水道代のランニングコストは比較的高いと言えるでしょう。

水戸市・ひたちなか市の固定資産税・都市計画税

固定資産税は、毎年1月1日に、土地・家屋・償却資産を所有している人に対して、市町村が課税する税金です。資産価格に対して税額が算定されます。

都市計画税は、市街化区域内に所在する土地・家屋に対して市町村が課税する税金です。
市街化区域とは市街地として栄えている地域や今後整備が進められて市街化が進められる地域のことを指しています。

税率は固定資産税は1.4%、都市計画税は0.2%です。
税額は課税標準額に対して税率を乗じます。土地と家屋、それぞれに対して課税される税金です。家屋の場合は年数が経過すると評価額(通常、課税標準額と評価額は同一額)が下がるため、税額は年々低くなります。

固定資産税・都市計画税は毎年かかる税金なので、維持費として考えておく必要があります。

参考元:水戸市「固定資産税・都市計画税について」

水戸市・ひたちなか市では除雪費用はかからない

茨城県は太平洋側で比較的温暖な気候のため、冬場でも大雪になる恐れはほとんどありません。雪は多少降りますが、スコップで雪かきをすれば十分な程度なので、除雪費用がかからないといえます。

建物の劣化を維持するための費用

リフォームを考える夫婦と電卓
建物を維持していくには日頃からメンテナンスや点検を実施し、適当な時期にリフォームすることが必要です。
ここでは、建物の劣化を維持するための費用について解説します。

点検時期とリフォーム・メンテナンス費用の相場例

一戸建ての点検時期とリフォーム・メンテナンス費用の相場例は下表の通りです。

屋外・屋内・設備は年数が経過すると劣化するため、定期的にリフォームやメンテナンスをすることで住宅が長持ちします。

【点検時期とリフォーム・メンテナンス費用の相場例】

表 点検時期とリフォーム・メンテナンス費用の相場例
参考元:国土交通省「リフォームの内容と価格について」
参考元:住宅金融支援機構「マイホーム維持管理の目安 【一戸建て (木造住宅)】

シロアリ駆除の費用相場

シロアリ駆除は全ての戸建て住宅に必要です。
駆除方法には、薬剤を散布するバリア工法と、建物の周囲に固形薬剤を設置するベイト工法があります。

一般的なのは、薬剤を散布するバリア工法で、即効性がありどんな住宅にも対応可能です。費用相場は、30坪(約100㎡)の住宅では、約13万円~25万円程度となります。ベイト工法は30坪の場合、およそ28万円~36万円が費用相場です。ベイト工法は約5年おきに実施します。

注文住宅を建てる際の注意点

家と注意点
注文住宅を建てる際には以下の点に注意しながら家づくりをしましょう。

●地域の特性に詳しい建設会社を選ぶ
●慎重に土地を選ぶ
●耐震性・耐久性を高くする
●断熱性・気密性に優れている
●生活・家事動線が使いやすい
●無理のない返済計画を立てる

最も大切なのは、建築を依頼する建設会社の選定です。地域の気候や特徴に詳しい建設会社を選びましょう。
また、土地選びも重要です。市町村の公式ホームページに掲載されているハザードマップを確認して、水害などの被害を受けにくい土地を選んでください。

日本は地震が多いため、耐震性・耐久性を高くすると安全に暮らせます。快適に毎日を過ごすためには、断熱性・気密性に優れている住宅に仕上げましょう。一定の室温でストレスなく暮らせます。家事や子育て・介護などがしやすい動線の間取りにすることも欠かせません。

マイホームを建築する際は、住宅ローンを借入するのが一般的ですが、大きな負担にならない返済計画を立てることも必要です。

家づくりのタイミングでできる対策

住宅のチェックポイント
家づくりのタイミングでないと、できない対策があります。ここでは、家づくりのタイミングでできる対策について解説していきます。

断熱性・気密性の高い住宅にする

快適で暮らしやすい住宅にするには、断熱性・気密性が高い構造にすることが必要です。
建物の外壁や内壁に断熱性能の高い断熱材を導入し、外気の温度をシャットアウトします。
建物の接合部分を隙間のないよう、丁寧にふさぐことで気密性の高い住宅が完成します。

断熱性・気密性はどちらも兼ね備えていることで、一定の室温を保てるようになります。そのため、基本的に両方の性能を高めておきましょう。

太陽光を利用したエネルギー

太陽光を利用した太陽光発電など、自前で発電できる住宅が注目されています。
太陽光発電による電力創出・省エネルギー設備を導入したZEH(Net Zero Energy House:ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)などの省エネ住宅は、国が推進しており、補助金も提供しています。

万が一、災害が発生しても自家発電できるため、通常の生活を送れるのがメリットです。
月々の光熱費を安く抑えられ、家計も助かります。

参考元:経済産業省「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)に関する情報公開について - 省エネ住宅」

耐久性の高い資材を利用する

建築資材は耐久性の高いものを使用すると、長期間にわたって住み続けられます。
建築基準法では、「建築物は自重、積載荷重、積雪、風圧、土圧及び水圧並びに地震その他の振動及び衝撃に対し安全な構造でなければならない」と規定されており、質の高い建築材料を使用しないと劣化のスピードが高まります。

参考元:建築基準法(抜粋) 参考2-5

アフターサポートの内容を確認する

家が完成した後も、定期的にメンテナンスなどをすることにより、長く住める住宅を維持することができます。そのため、建設会社の保証制度や定期点検などアフターサポートの内容を確認してから工事を依頼しましょう。

建設会社によりアフターサポートの内容には違いがあるため、充実したサポート内容を提供している会社を選びます。

水戸市・ひたちなか市で注文住宅について相談するならR+houseひたちなかへ!

階段まわり‗観葉植物とタイル床と階段
これから家を建てる方は、家を建てる時の建設費はもちろん、家を建てた後にかかる維持費も考えて、地域の特性に詳しい地元の信頼できる建設会社に依頼するのをおすすめします。

R+houseひたちなかは、完成保証サービスや家価値60年サポートなど建設中はもちろん建てた後のサポートも充実しています。水戸市・ひたちなか市で注文住宅を建てることを検討されている方は、ぜひ、R+houseひたちなかにお気軽にご相談ください。

>>R+houseひたちなかの「コストを抑えたお家づくり」についてはこちら
大きな窓がある白い外壁の家
#茨城県水戸市 #茨城県ひたちなか市#注文住宅 #新築 #R+house #エコな暮らし #高気密 #高断熱 #高耐久 #ZEH #太陽光発電 #住宅維持費 #税金 #家づくりの基礎知識 #性能 #保険・保証・アフターサービス #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

家づくりノウハウ
2024.02.27

住宅用太陽光発電システムの仕組みを紹介!水戸市・ひたちなか市の発電量は?

家づくりノウハウ
2024.02.27

今人気の「平屋」とは?ひたちなか市周辺の平屋事例もご紹介!

家づくりノウハウ
2024.01.24

水戸市・ひたちなか市で注文住宅のガレージハウスに住みたい!メリットやデメリット、施行事例を紹介

家づくりノウハウ
2024.01.24

家づくりで大切なことって???

前へ
茨城県ひたちなか市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?
水戸市・ひたちなか市の気候を徹底解説!断熱基準についてもご紹介
次へ
茨城県ひたちなか市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?
水戸市・ひたちなか市の気候を徹底解説!断熱基準についてもご紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house建築家

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。
高断熱住宅のダイニング

高断熱な注文住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
遊びスペースのあるリビングダイニング

高気密住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」は、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市を中心に、家づくりをご検討中の方が、夏も冬も快適に暮らせるよう、気密性能の高い家づくりをしています。「気密性能」は光熱費の削減にもつながるというメリットもあり、「断熱性能」と並ぶ家づくりにおける重要なポイントの1つです。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house 水戸店
住所
茨城県水戸市けやき台3-6-1 スカイヒルズ102
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日、GW・年末年始