水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅の太陽光発電設置は後付け?新築時?水戸市・ひたちなか市の日照時間も

家づくりノウハウ
公開日:2023.12.26
最終更新日:2024.03.18
株式会社八文字建設の家づくり写真
株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.12.26
最終更新日:2024.03.18

注文住宅の太陽光発電設置は後付け?新築時?水戸市・ひたちなか市の日照時間も

木目のリビングとタイル床の階段
太陽光発電は、環境保全の観点からみても注目度が高く、さまざまなメリットが得られることから、家づくりの際に興味を持つ方も多いでしょう。その際、太陽光発電の設置のタイミングは「後付け?」「新築時?」とどちらが良いのか悩むこともあるかもしれません。この記事では、太陽光発電の重要性やメリット、後付けと新築時で設置する時のポイントなどを解説します。水戸市・ひたちなか市の日照時間についても紹介するので、このエリアで注文住宅を検討している方は参考にしてみてください。

目 次

太陽光発電とは?重要性は?

エコ住宅のイメージ(イラスト)
太陽光発電とは、太陽の光エネルギーを活用して発電することです。枯渇することのない太陽の光は再生可能エネルギーのひとつとして注目されています。また、太陽光エネルギーは地球環境に有害な二酸化炭素(CO2)を排出しないため、環境破壊防止の観点においても太陽光発電が世界的に注目されています。

東京都では、全国初の「新築一般住宅における太陽光パネルの設置義務化」に向けて、設置費用や維持に関する検討、事業者への支援を進めています。今後は、太陽光発電の導入が広い地域で義務化される可能性もあるため、これから戸建の新築を検討している場合は動向をチェックしておきましょう。

注文住宅に太陽光発電を設置!メリット・デメリットは?

住宅のメリットとデメリット 背景が葉っぱ
注文住宅に太陽光発電の設置を考えた場合、気になるのがメリット・デメリットです。以下でそれぞれについて解説します。

太陽光発電を設置するメリット

太陽光発電を設置するメリットは以下になります。

●光熱費の節減
●売電による収入
●災害時への対応
●環境への配慮

注文住宅に太陽光発電を設置する大きなメリットは光熱費の節減でしょう。太陽光発電によって発電した電力を家庭で利用できるので、電力会社から購入する電気量が減らすことができ、光熱費の節減に繋がります。
また、売電による収入を得られるのもメリットです。蓄電池を併用すれば、太陽光発電によって得た電力を蓄電して使用できるため、災害の時なども安心です。
さらに、太陽光発電は環境破壊の原因となる二酸化炭素を排出しません。そのため、太陽光発電を設置の設置により環境に配慮したエコな暮らしの実現が可能です。

>>ZEH住宅に必要な条件とメリット・デメリット│水戸市・ひたちなか市のZEH区分を解説

太陽光発電を設置するデメリット

太陽光発電を設置するデメリットは以下になります。

●発電量が日照時間に左右される
●設置費用が高額
●定期的なメンテナンスが必要

太陽光発電は太陽の光エネルギーを活用するため、発電量はその地域の気候や日照時間によって左右されます。しかし、最近では短い日照時間でもしっかり発電できる太陽光発電も登場しているので、その地域の日照時間などを考慮しながらシステム面を重視して選ぶのもおすすめです。

太陽光発電を設置する大きなデメリットは、設置費用が高額になる点です。経済産業省発表のデータによると、住宅用太陽光発電の設置費用の平均は、1kWあたり約260,000円となっています。一般的に住宅用太陽光発電の容量は、5kW程度のため約1,300,000円の費用がかかります。そして、太陽光発電の設備は時間の経過とともに劣化していくため、メンテナンスを定期的に行う必要があり、その際も費用や手間がかかることを覚えておく必要があるでしょう。

参考元:経済産業省「令和5年度以降の調達価格等に関する意見」

>>水戸市・ひたちなか市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

太陽光発電設置のタイミング

太陽光パネル
注文住宅にかかる費用はとても大きく、太陽光発電を設置する場合はさらに設置費用が上乗せされます。そのため、太陽光発電の設置を後付けにするか新築時にするか悩むケースも多いでしょう。ここでは、後付けもしくは新築時で設置する場合のポイントについて解説していきます。

太陽光発電を新築時に設置する際のポイント

太陽光発電を新築時に設置するメリットとして、まず挙げられるのがローンをひとまとめにできる点です。住宅ローンに初期費用を組み込めるため、後にソーラーローンを組むよりも低金利での長期返済が可能になり、月々支払う返済額の負担が軽減されるでしょう。

また、新築時に太陽光発電を設置するケースでは、設計の段階から屋根の形状をはじめ勾配やパネルの種類などを検討でき、太陽光発電設置を前提とした家づくりができます。機能だけでなく、外観も自分の理想とする住宅に仕上げられる部分がポイントです。さらに、パネルを設置する位置を考慮して効率的に電気を発電できる屋根の形を設計することが可能です。

一方で、新築時に太陽光発電を設置するケースでは、家の設計や建設と同時進行で太陽光発電についても考える必要があります。そのため、じっくり検討する時間が取れないまま進めてしまった場合は、完成した後に「思っていたのと違う」といった不満が出ることもあります。そのような不満が発生しないためにも、実績のある住宅会社や工務店に依頼する必要があるでしょう。

太陽光発電を後付けで設置する際のポイント

ポイントのフキダシ
太陽光発電の設置を後付けするメリットには、固定資産税がかからないことが挙げられます。新築時に設置する際、屋根一体型の場合は住宅の一部として、固定資産税がかかります。しかし、後付けで設置する場合は、パネルを支えるための架台を設置してから取り付ける方法が大半です。そのため、パネルが屋根とは別物として扱われることで、一般的に固定資産税がかかりません。

太陽光発電の後付けは必ずしも費用が安くなるわけではありません。施工の費用自体は後付けのほうが高くなるケースが多い点を覚えておく必要があるでしょう。

また、太陽光発電はただ屋根に設置すればいいわけではありません。設置する方向も大切であり、方向によって発電効率が異なります。今挙げたポイントを考慮すると、後付けの場合も新築時同様に工務店選びはとても重要なポイントといえるでしょう。

水戸市・ひたちなか市の日照時間

夏の空
太陽の光を活用する太陽光発電は、地域の日照時間によって発電量が左右されます。そのため、注文住宅を建てようと考えている地域の日照時間はチェックしておきたいポイントのひとつです。水戸市・ひたちなか市の日照時間を確認してみましょう。

茨城県のほぼ中央に位置する水戸市・ひたちなか市は、太平洋に面しており気候は太平洋側気候です。春から夏にかけては梅雨前線の影響で雨が多くなりますが、冬の時期は乾いた北西の季節風の影響により、晴天の日が多く雪が少ないのが特徴です。

茨城県の県庁所在地である水戸市の年間平均気温は14.1℃で、東京15.8℃、新潟13.9℃、広島16.5℃となっており、全国の都市と比べても標準的な気温であり温和な気候の地域といえます。過去の統計データを見ると水戸市の平年降水量は1,326.0mmであり、全国の平年降水量は1,614.8 mmのため、やや少ないことが分かります。

さらに、日照時間の年間平均は2,000.8時間であるこの地域は、東日本の都市の中でも比較的日照時間の長い都市となっています。以上のことから、水戸市・ひたちなか市は春から夏にかけて雨量が多くなるものの、年間を通すと晴天の日が多く温暖なことから住みやすく、太陽光発電を検討している方に向いているエリアといえるでしょう。

参考元:国土交通省「県庁所在地等の平年降水量」
参考元:水戸市ホームページ「第1章 計画策定の背景・基本的事項」

>>水戸市・ひたちなか市の気候を徹底解説!断熱基準についてもご紹介

水戸市・ひたちなか市で家を建てるなら「R+house水戸ひたちなか店」へご相談ください!

2階の大きな窓が印象的な白い外観の家
太陽光発電を住宅に設置することで、光熱費の節減や売電による収入、災害時への対応など、さまざまなメリットが得られます。太陽光発電は後付け、新築時のどちらで設置するかによって押さえておくべきポイントは異なります。しかし、どちらのパターンで設置する場合でも、施工力や実績があり信頼できる工務店に依頼すること大切です。太陽光発電を設置して、お財布にも環境にも配慮した家づくりをしてみませんか。

R+house水戸ひたちなかでは、家づくりのための相談会や勉強会を随時開催しています。水戸市・ひたちなか市で注文住宅をお考えの方は、信頼と実績のある工務店のR+house水戸ひたちなかへご相談ください。

>>太陽光発電の設置に向いている水戸市・ひたちなか市で高性能な注文住宅を建てるなら「R+house」
>>R+house水戸ひたちなかで現在開催中の家づくりイベントはこちら

【関連記事】
>>水戸市の土地相場は?地価推移や家づくりのポイントを解説
>>ひたちなか市の土地価格相場は?狭い土地でも快適に暮らすヒントをご紹介
>>水戸市周辺の住宅ローン・金利について!住宅ローンを組むときの手順や注意点も
#茨城県水戸市 #茨城県ひたちなか市#注文住宅 #新築 #エコな暮らし #太陽光発電 #家づくりの基礎知識 #暮らしの工夫

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.15

注文住宅は木造と鉄骨どちらを選ぶのがいい?水戸市周辺での家づくり

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.15

水戸市・ひたちなか市の1日遊べるおすすめ公園9選!注文住宅を建てるおすすめエリアとは

株式会社八文字建設の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.03.31

【茨城県内、住みたい街・魅力ランキング】

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.18

水戸市周辺で快適かつ健康的に暮らすには換気設備が重要!換気の種類についても解説

前へ
水戸市・ひたちなか市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説
平屋のメリットやデメリットは?平屋の間取りのポイントや水戸市・ひたちなか市の土地を紹介
次へ
水戸市・ひたちなか市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説
平屋のメリットやデメリットは?平屋の間取りのポイントや水戸市・ひたちなか市の土地を紹介

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

明るい光が差し込むLDK

耐震等級3の 高耐震住宅

茨城県水戸市やひたちなか市といった地域は地震や災害が多い地域ではありませんが、とは言え、地震発生による住宅の安全性への不安はお持ちではないでしょうか。私たちR+house水戸ひたちなかでは、水戸市やひたちなか市に住む方々がより安心・安全な暮らしを実現できるよう、耐震性能にこだわった注文住宅を提供しています。
高断熱住宅のダイニング

高断熱な注文住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
R+house建築家

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house 水戸店
住所
茨城県水戸市けやき台3-6-1 スカイヒルズ102
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日、GW・年末年始