水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
TOP
強み
商品
イベント
コラム
カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを<br>請求する

カタログを
請求する

イベントの<br>予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの<br>相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

家づくりノウハウ
公開日:2023.07.27
最終更新日:2023.08.16

注文住宅の気密性と光熱費の関係性は?水戸市やひたちなか市の気候と併せて解説

住宅とチェックリスト
この記事では、気密性と光熱費の関係性や注文住宅に気密性が必要な理由をまとめています。
後半では、茨城県水戸市やひたちなか市の気候、ZEH地域区分についてもご紹介しています。気密性はマイホームを検討するときに欠かせない性能のひとつです。ぜひ参考にしてください。

目次

住宅に気密性が必要な理由

グレーがアクセントの白壁と木目床のLDK
住宅の気密性とは、建物の隙間をできる限り減らし、室内外の空気の出入りを分断する性能のことです。なぜ、住宅には気密性の高さが求められるのでしょうか?まずは、住宅に気密性が必要な理由をご紹介します。

 断熱性能を維持するため

住宅の断熱とは、外壁や窓などに断熱性能を高める建材を使い、熱の移動を妨ぐことです。熱は高いところから低いところへ移動する性質があります。断熱性能が高いと熱の移動を遮断できるため、室内の温度を維持しやすくなります。その結果、夏は涼しく冬は暖かい住宅を実現できます。

しかし、いくら断熱性能が高くても、住宅にたくさんの隙間があると室内の温度が逃げ、外部の空気が入り込みます。住宅が持つ断熱性能を最大限発揮するには、高い気密性が必要です。

また、気密性が低く隙間が多くあると、湿った空気が壁内や屋根裏に入り込み結露を起こしやすくなります。結露を繰り返したり湿度の高い状態が続くと、断熱材や木材が劣化する原因となります。断熱材にカビが生えて腐敗してしまうと、本来の性能を維持できなくなるでしょう。

このように、断熱性能を最大限に発揮するだけでなく、長い間維持するには、断熱性能と併せて気密性も重要になります。

>>水戸市で家を建てるなら、高断熱住宅!UA値、ZEHなどの基礎知識も解説

光熱費が削減できる

気密性が高いと、冷暖房で調整した室温が外部に逃げにくくなります。同時に住宅の隙間から外気が入り込むこともないので、室温を一定に保つことができます。冷暖房をフル稼働しなくても、快適な温度を維持でき、光熱費の削減につながります。

例えば、夏の暑い日、冷房を付けている時に、住宅に隙間がなければ涼しい空気が外に漏れることはありません。外気の暑い空気が室内に入り込むことも防げるため、冷房を長時間フル稼働させることなく涼しい室温が保てます。

また、先ほども触れたように気密性が高いと断熱性能も維持できます。断熱性能が高いと外気の影響を受けにくくなり、冷暖房の稼働を抑えても快適な室温を保つことが可能です。

計画的な換気ができる

住宅に隙間があり気密性が高い場所と低い場所が生まれてしまうと、空気の通り道が乱れてしまいます。その結果、一部の場所に臭いや二酸化炭素が溜まり、換気の質が一定に保てません。

気密性が高いと空気の流れを作れるため、計画的な換気が実現できます。換気には有害物質を排除し新鮮な空気を取り込む役割があるため、快適な住空間がキープできるようになります。

>>注文住宅に換気が必要な理由とは?具体的な3つの換気方法を解説

気密性を示すC値とは

住宅の疑問
C値とは、住宅の隙間の総量を数値化したものです。C値は単位床面積あたりの隙間の面積を示すもので「住宅全体の隙間の面積÷延べ床面積」で算出します。C値が小さければ小さいほど隙間が少なく、気密性の高い住宅だと判断できます。

現在、国で定められたC値の基準はありませんが、かつて設定されていた旧省エネルギー基準は5.0(㎠/㎡)でした。R+houseひたちなかの標準値は1.0以下であり、より気密性の高いC値を設定しています。

住宅の気密性を高めるポイント

ポイントと書かれた紙
それでは、住宅の気密性はどのようにすれば高めることができるのでしょうか?主な方法としては、次の3つが考えられます。

① 気密性を高める処理をする

窓や配管周りなど隙間ができやすいところに、気密テープや気密シート、気密パッキンなどの部材を使い気密性を高める処理をします。

② 気密性の高い建具を採用する

気密性の低下につながる引違い窓や上げ下げ窓、勝手口通風ドアを減らし、できる限り気密性を高められる建具を採用します。

③ 施工力の高い工務店・メーカーを選択する

どれだけ優れた部材や設備を選択しても施工力が低いと、住宅に隙間ができてしまいます。精度の高い施工ができる工務店やメーカーを選定し、依頼することも大切なポイントです。

このように、気密性は部材の選定や施工力により左右されるため、気密性の高い住宅づくりに精通しているハウスメーカーや工務店を検討することが大切です。

気密測定を実施して気密性能を確認する

気密測定器
気密測定とは専用の機械を使って住宅の気密性能を測定・算出することです。気密測定によりC値を確認し、建設中もしくは完成した住宅がどの程度の気密性能を持ち合わせているかチェックを行います。

R+houseひたちなかでは全棟を対象に気密測定を実施しており、高い気密性が維持できていることを確認しています。

 水戸市・ひたちなか市の気候とZEH区分

LDKが見渡せる玄関ホール
茨城県の県庁所在地である水戸市は、自然と商業施設のバランスが整っている地域です。水戸駅を中心とした交通網が発達しており、都心部だけでなく市街地にも比較的アクセスしやすくなっています。

水戸市に隣接するひたちなか市は、公園数が県内ナンバー1でファミリー層が暮らしやすい地域です。自然の豊かさと生活しやすさのバランスがよく、都心部へのアクセスの良さや買い物の利便性なども魅力です。

水戸市もひたちなか市も住宅購入支援や移住支援を行っており、特にひたちなか市は住民の約6割が他市町村や他地域からの転入者と、移住者が暮らしやすい地域として知られています。

気候は冬場の寒さが厳しい時期を除き、比較的温和です。水戸市の年間平均気温は14.1度です。年間を通して東京よりも2~3度低く、関東地方の中では過ごしやすい気候だと言えます。

年間日照時間は2,000時間程度と比較的長いため、日差しが差し込む間取りや太陽光発電の有効活用も検討できるでしょう。

水戸市とひたちなか市のZEHの地域区分は「5」で、UA値は下記のように定められています。
地域区分5 UA値
R+houseひたちなかのUA値は0.46に設定しており、HEAT20 G1のUA値を上回る性能を実現しています。関東地方の中では過ごしやすい気候の水戸市やひたちなか市であっても、1年を通してより快適に過ごすことができます。

>>高断熱・高気密・高耐震にこだわった「R+house」の永く住まえる家づくり
>>水戸市周辺の気候に適した住宅性能とは?詳しくはこちら!

高気密・高断熱な住宅はR+houseひたちなかにお任せください

白い外壁に木目が映える外観
R+houseひたちなかは、「高断熱・高気密・高耐震」にこだわった安心して住めるマイホーム作りをお手伝いしています。

また、土地の特性を最大限に活かした設計や家族の想いに答える飽きの来ないデザインなど、長く快適に暮らせる設計にも注力しています。

>>R+houseひたちなかで建築家と見つける住まいのカタチ

R+houseひたちなかでは随時個別相談や役立つイベントを実施していますので、お気軽にお問い合わせください。
#茨城県水戸市 #茨城県ひたちなか市#家づくりの基礎知識 #性能 #高気密 #ZEH #注文住宅 #新築 #エコな暮らし #高断熱 #省エネ住宅 #デザイン #工務店
注文住宅に換気が必要な理由とは?具体的な3つ...
平屋ならではの4つの魅力とデメリット、間取り...
コラム/ブログ一覧へ戻る

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

暮らしのポイント
2023.12.04

水戸市、ひたちなか市で受けられる子育て支援とは?助成金の内容や手続き方法を紹介

家づくりノウハウ
2023.12.04

水戸市・ひたちなか市の1日遊べるおすすめ公園9選!注文住宅を建てるおすすめエリアとは

家づくりノウハウ
2023.12.04

水戸市・ひたちなか市の気候を徹底解説!断熱基準についてもご紹介

家づくりノウハウ
2023.12.03

水戸市・ひたちなか市での一戸建ての維持費はどのくらい?注文住宅に住んだ場合の光熱費や税金などを徹底解説

おすすめの施工事例
こだわりの理想のマイホームをご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

R+house建築家

建築家と見つける住まいのカタチ

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。
高断熱住宅のダイニング

暮らしやすさを左右する断熱性能

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
芝の庭が見渡せるおしゃれなリビング

理想の生活を形にする建築家とのおしゃれな家づくり

R+house水戸ひたちなかの大きな特徴の1つが、「建築家との家づくり」です。建築家と家づくりを進めることで、高水準のデザイン性と機能性を両立することができます。しかし、「建築家との家づくり」と聞くと敷居の高さを感じる方も多いようです。コストが高くなるのでは?と躊躇することもあるかもしれません。
R+house水戸ひたちなかでは、そんなコスト等の課題をクリアしつつ、お客様の理想を超えるおしゃれで機能的な住空間を実現してまいります。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

Instagramで投稿している写真をご紹介します。