水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

注文住宅を建てるなら性能を高めよう!水戸市周辺の気候を踏まえた家づくり

家づくりノウハウ
公開日:2023.06.23
最終更新日:2024.03.18
株式会社八文字建設の家づくり写真
株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2023.06.23
最終更新日:2024.03.18

注文住宅を建てるなら性能を高めよう!水戸市周辺の気候を踏まえた家づくり

大きな白いソファーがあるLDK
注文住宅を建てる際によく耳にするのが、断熱性・気密性といったワードです。言葉は知っていても、内容を理解しないまま家づくりを進めてしまうと、思っていたような快適さが手に入らないかもしれません。
そこで今回は、住宅の性能に関する知識を紹介します。水戸市やひたちなか市における住宅の補助金情報、気候の特徴などもまとめました。水戸市周辺で注文住宅を検討中の方は、内容を把握して理想のマイホームを目指しませんか。

目 次

注文住宅における性能の種類と特徴

TYPEと書かれたブロック
住宅の性能にはいくつか種類がありますが、今回は断熱性・気密性・耐震性の3つに注目していきましょう。

断熱性

断熱性とは、住宅の内外への熱の移動を小さくする性能です。断熱性を高めるためには、外壁と内壁の間、屋根と天井の間などに断熱材を入れるといった方法があります。熱が移動しやすい窓には、複層ガラスや断熱サッシを採用し、断熱性を強化します。
高断熱の家は外気温の影響を受けにくく、室内の快適な温度を逃がしません。例えば、冬の寒い日に「暖房をつけてもなかなか部屋が暖まらない」という現象が起こりにくくなるのです。
断熱性能の高さはUA値という数値で示され、0に近いほど高断熱になります。

UA値の基準と地域区分

UA値は1~8の地域に区分されており、住宅を建設するエリアに該当する数値をクリアしなければなりません。また、UA値はどの基準を採用するかによって求められる数値が変わります。UA値基準と地域区分は、以下の表をご覧ください。

【UA値基準(W/(㎡・K))】
UA値基準 表
1地域には北海道夕張市、6地域には東京都23区といったエリアが該当します。なお、沖縄県など8地域にはUA値基準が設けられていません。

>>水戸市で家を建てるなら高断熱住宅が最適!UA値、ZEHなどの基礎知識も解説

気密性

気密性とは、住宅の隙間を小さくする性能です。住宅に隙間があると、室内外に空気と熱が移動してしまいます。冷房や暖房をつけても、隙間があれば快適な室温をキープできません。気密性が高ければ外気に干渉されにくい住宅が実現します。

断熱性と気密性の関係

断熱性と気密性は、密接に関係しています。住宅の断熱性を高めても、家の隙間が大きければ快適な空気が逃げてしまうことに。つまり、断熱性と気密性は同時に考えなければなりません。
断熱性と気密性のバランスが整うと、エアコンの運転効率がアップして光熱費が削減できたり、急激な温度変化によって引き起こされるヒートショックが予防できたりと、省エネかつ健康的な暮らしが目指せるでしょう。

>>注文住宅の気密性と光熱費の関係性は?詳しくはこちら!

耐震性

耐震性とは、地震の揺れに耐え、住宅の倒壊や損傷を防ぐ性能です。基礎や接合部の強化、筋かいの配置など、地震が起きても住宅が損傷・倒壊しないよう対策を講じます。
どのくらいの揺れに耐えられるかは、3つの耐震等級に分けられています。

耐震等級1:

・震度6強~7の地震が起こっても倒壊・崩壊しない程度
・震度5強の地震が起こっても損傷しない程度

耐震等級2:

・震度6強~7の1.25倍の力がある地震が起こっても倒壊・崩壊しない程度
・震度5強の1.25倍の力がある地震が起こっても損傷しない程度

耐震等級3:

・震度6強~7の1. 5倍の力がある地震が起こっても倒壊・崩壊しない程度
・震度5強の1.5倍の力がある地震が起こっても損傷しない程度

>>水戸市で災害に強い注文住宅を建てよう!水害対策や耐震性の高い家づくりとは

建築基準法によって耐震基準が設けられており、注文住宅を建てる際は耐震等級1をクリアしなければなりません。震度5強以上の地震が頻発する日本で安全に暮らすには、住宅の耐震性を高めておく必要があるでしょう。

高性能住宅のデメリットも把握しておこう

住宅のメリットとデメリット
省エネ・快適・安全な生活がしやすくなる、高性能住宅。メリットがたくさんありますが、デメリットとなり得る点もあります。

デメリット① 内部結露が発生する恐れがある

メリットとデメリットの比較(デメリット)
高断熱高気密の家では、壁や天井の内部に結露が起こる可能性があります。その理由は、換気の悪さ。換気がうまくできないと湿気が住宅内にこもり、結露が生じるのです。加えて、断熱材と壁や天井の間に隙間があると、内外部の温度差によって結露が起こりやすくなります。結露は建物の劣化を招く原因となるので、耐久性を損なわないためにも結露対策が欠かせません。
内部結露を発生させないためには「24時間換気システム」などを導入し、換気量をしっかり確保する必要があります。また、高性能住宅の施工実績と技術が豊富な建築会社に依頼すると、壁、天井などと断熱材の隙間ができにくくなるでしょう。

デメリット② 息苦しく感じる

デメリットとチョークで書かれた黒板
気密性が高いがゆえに、二酸化炭素濃度が高くなったり、夏場に熱気がこもったりしてしまい、息苦しく感じるケースがあります。さらに、ハウスダストが外に排出できないと健康にも影響を及ぼしかねません。
息苦しさを解消するには、結露予防と同様に換気が重要です。換気システムが整っていれば、窓を開けずとも家全体の空気が循環し、快適な暮らしが実現するでしょう。

>>注文住宅に換気が必要な理由とは?具体的な3つの換気方法を解説

デメリット③ 建築費用が高い

断熱材や耐震性の高い壁材を導入するには、コストがかかります。高性能な住宅にしようとすると、必然的に建築費用が高くなるのです。しかし「お金がかかるから」と、諦める必要はありません。
性能の高い注文住宅を建てる場合、次のような補助金があります。ここでは、代表的な対象と補助金額をまとめました。
表 補助金の種類と説明
国が行っている「ZEH支援事業」や「こどもエコすまい支援事業」の他、水戸市やひたちなか市でも独自の支援事業を行っています。

水戸市・ひたちなか市の地域区分や気候

茨城県庁から望む水戸市の街並み
住宅の性能は、実際に居住する地域の特性に合わせることが大切です。寒い地域に暖かい地域の基準で住宅を建てても、快適には生活できません。最後に、水戸市とひたちなか市におけるUA値の地域区分、気候の特徴を見ていきましょう。

水戸市・ひたちなか市の地域区分

水戸市とひたちなか市は、双方ともに5地域に区分されます。5地域のUA値基準をおさらいしておきましょう。

【5地域のUA値基準(W/(㎡・K))】
省エネ基準:0.87
ZEH基準:0.60
HEAT20基準・G1:0.48
HEAT20基準・G2:0.34
HEAT20基準・G3:0.23

水戸市・ひたちなか市の気候の特徴

水戸地方気象台が発表している、水戸エリアの平年値(1991~2020年のデータを基に算出)を紹介します。
平均気候 表
水戸市やひたちなか市は、太平洋側の気候の特徴が強くなっています。冬場は乾いた季節風が吹いて気温が氷点下になる日もありますが、晴天が多く、あまり雪が降りません。一方、夏場は高温多湿になりやすく、雨の日が多くなります。
水戸市やひたちなか市で快適に生活するには、住宅の性能を高め、気温が氷点下になる冬や高温多湿な夏をいかに過ごしやすくするかがカギを握るでしょう。

【関連記事】
>>水戸市の土地価格・売買事例について詳しくはこちら!
>>ひたちなか市の土地価格・売買事例について詳しくはこちら!

水戸市周辺で注文住宅を建てるなら「R+house水戸ひたちなか」へ!

カーポートのある白外壁の家
水戸市やひたちなか市で注文住宅を検討しているなら、目指すべきUA値の基準と地域の気候の特徴を踏まえることが大切です。住宅の性能を把握し、お財布にも健康にも優しいマイホームを目指しましょう。
R+house水戸ひたちなかでは、高断熱・高気密・高耐震の家づくりを得意としています。デザイン性やコストカットにもこだわっており、おしゃれでありながら機能的な住宅を可能な限り手の届く価格で提供しています。水戸市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひR+house水戸ひたちなかにお声がけください。

>>地域の特徴をふまえた高性能な注文住宅についてはこちら!
#茨城県水戸市#建築家 #注文住宅 #新築 #R+house #おしゃれ #高気密 #高耐震 #高断熱 #家づくりの基礎知識 #デザイン #性能 #耐震 #工務店

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.11

水戸市での家づくりで必要な耐震性能とは?地域の災害リスクを知ろう

株式会社八文字建設の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.05.11

水戸市、ひたちなか市で受けられる子育て支援とは?助成金の内容や手続き方法を紹介

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.11

水戸市で地震に耐える住宅を建てるには?耐震等級3のメリットをご紹介

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.11

注文住宅は木造と鉄骨どちらを選ぶのがいい?水戸市周辺での家づくり

前へ
茨城県で利用できる住宅ローン・金利について!住宅ローンを組むときの手順や注意点も
水戸市で家を建てるなら、高断熱住宅!UA値、ZEHなどの基礎知識も解説
次へ
茨城県で利用できる住宅ローン・金利について!住宅ローンを組むときの手順や注意点も
水戸市で家を建てるなら、高断熱住宅!UA値、ZEHなどの基礎知識も解説

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

明るい光が差し込むLDK

耐震等級3の 高耐震住宅

茨城県水戸市やひたちなか市といった地域は地震や災害が多い地域ではありませんが、とは言え、地震発生による住宅の安全性への不安はお持ちではないでしょうか。私たちR+house水戸ひたちなかでは、水戸市やひたちなか市に住む方々がより安心・安全な暮らしを実現できるよう、耐震性能にこだわった注文住宅を提供しています。
高断熱住宅のダイニング

高断熱な注文住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
R+house建築家

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house 水戸店
住所
茨城県水戸市けやき台3-6-1 スカイヒルズ102
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日、GW・年末年始