水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

【水戸市】注文住宅の断熱材はどう選ぶ?種類や特徴を知って快適な家をつくろう

家づくりノウハウ
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.03.18
株式会社八文字建設の家づくり写真
株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.03.18

【水戸市】注文住宅の断熱材はどう選ぶ?種類や特徴を知って快適な家をつくろう

植栽が美しい白い外壁の平屋
家づくりで「省エネ住宅」や「断熱性能」といった言葉を耳にしている方も多いでしょう。住宅の省エネや断熱の性能を考えるうえで重要になる断熱材ですが、その種類はさまざま。断熱性能を高めるためには、どのように断熱材を選べば良いのでしょうか。今回は、注文住宅における断熱の重要性と断熱材の基礎知識について解説。断熱材についての知識を身につけて、快適なマイホームづくりの参考にしてください。

目 次

住宅の断熱性能の重要性

断熱材が付いた家の夏と冬のイメージ(文字なし)
そもそも、なぜ住宅の断熱性能が注目されているのでしょうか。一般社団法人住宅生産団体連合会による資料「快適・安心なすまい なるほど省エネ住宅」を参考に、断熱性能の重要性について確認していきましょう。

高断熱の住宅は健康で快適な生活ができる

住宅の断熱性能や気密性が低いと、どれだけ室内の温度を調節しても、外気に影響されて快適な温度が保てません。一方、断熱性能の高い住宅であればは、室温が外気に影響されにくいため、一年中快適に過ごせる室温を保ちやすいのです。

参照元:一般社団法人 住宅生産団体連合会|快適・安心なすまいなるほど省エネ住宅

>>断熱性能が低い住宅の3つのリスクとは?水戸市・ひたちなか市の気候をふまえて解説

省エネ住宅で光熱費の節約も!

高断熱住宅のメリットは、健康的で快適な生活ができるだけではありません。「快適・安心なすまい なるほど省エネ住宅」では、断熱性能の異なる省エネ住宅ごとに光熱費を比較しています。
これによると、東京23区を例とする温暖地において、これまでの断熱性能の低い住宅と一般的な省エネ住宅の光熱費の差は年間で6万円以上。さらに高性能な省エネ住宅では、12万円以上もの差があったとしています。このように、住宅の断熱性能を高めることで、光熱費の節約につながるのです。

>>注文住宅における断熱性能の違いによる室温と光熱費の違いとは?|水戸市・ひたちなか市の場合

水戸市の高断熱住宅は断熱材選びが重要

水戸市の場合、住宅の断熱性能は重要なのでしょうか。水戸市の冬は、北西の乾いた季節風が吹き、-10℃以下となることもあります。冷たい風を防ぎ、寒い外気に影響されにくい室内空間をつくるためにも、住宅の断熱性が重要だといえるでしょう。

一方、夏は太平洋からの風の影響で、高温多湿となり雨が降りやすい地域です。このような、じめじめとした蒸し暑さを乗り切るためにも、断熱性能は高い方が良いでしょう。しかし、水戸市のように高温多湿な地域では、断熱材を適切に施工しないとかえって結露で建材が腐り、住宅を劣化させる原因ともなってしまいます。そのため、正しい断熱方法が重要となるのです。

家を建てるときに断熱材も考えよう!

住宅のチェックポイント
もちろん、建築後に断熱性能をあげるためのリフォームも可能です。しかし、建てた後から断熱改修などをする場合、新築時に高断熱にしておくよりも割高になってしまいます。そのため、家を建てるときから、断熱性能を意識しておくことが重要です。

住宅の断熱は、3つの施工方法と3種類の断熱材がポイントになります。ここからは、それぞれの基礎知識についてチェックしていきましょう。

参照元:COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。|CO2削減のために、いまできるコト キーワードは「断熱」 快適温度で居心地のいい家づくり

断熱を叶える3つの施工方法

断熱材を施工する方法はおもに3つ。建物構造内部に断熱材を充てんする「充てん断熱(内断熱)」、建物構造外部に断熱材を貼る「外張り断熱(外断熱)」、そしてそのどちらも施工する「付加断熱」です。

充てん断熱(内断熱)

木造住宅で使われることが多い充てん断熱は、その名の通り壁に液体状の断熱材を吹き込んで充てんしたり、ボードやシート状の断熱材を敷き詰めたりする断熱工法です。壁の内側を活用して断熱材を敷き詰めるので、断熱のためにスペースを設ける必要がなく、比較的安価に施工できます。一方で、柱を避けて断熱材を敷かなければならないので、その分断熱性能が低下したり、気密性や防湿性の対策が必要になったりというデメリットもあります。

外張り断熱(外断熱)

外張り断熱は、家全体の外側を包み込むように断熱材を貼って断熱する工法です。建物の外側から断熱できるので、構造内部の結露が発生しにくくなります。また、充てん断熱工法と違い、途切れることなく断熱材を貼れるため、断熱性能が落ちにくいというメリットも。しかし、家の外側全体を囲む必要があるため、充てん断熱工法に比べて、コストが高くなりがちです。

付加断熱

付加断熱は充てん断熱と外張り断熱どちらも施工する工法です。建物内部と外部どちらからも断熱できるため、断熱性能が極めて高くなります。しかし、使用する断熱材や工数が増えるため、その分費用も割高に。熱を伝えやすい外壁と内壁をつなぐ部分など、断熱性が弱くなる部分を補助的に断熱する役割を担っています。

断熱材は大きく分けて3種類

住宅の吹付断熱工事発泡ウレタン
断熱材の施工方法を紹介しましたが、次はおもに使われる断熱材を紹介します。住宅の躯体に使われる断熱材は、「無機繊維系」「木質繊維系」「発泡プラスチック系」と大きく分けて3種類。このなかにもさまざまな種類の断熱材があり、使用する場所によって使い分けできます。

無機繊維系断熱材

無機繊維系の断熱材は、グラスウールやロックウールなど、繊維のなかに空気を閉じ込める布団のようなふかふかとした材質です。比較的低コストであることに加え、防火性にも優れているため、充てん断熱を採用する多くの住宅に使用されています。

しかし、他の断熱材よりも熱伝導率が高く、同じだけの断熱効果を得るためには厚みが必要。近年求められているZEHなどの高い断熱性能を満たすためには、補強として付加断熱工法が増えると予想されています。

木質繊維系断熱材

木質繊維系の断熱材は、文字通り木など天然の素材を原料としてつくられた断熱材。セルロースファイバーやインシュレーションボードが木質繊維系断熱材に分類されます。無機繊維系や発泡プラスチック系に比べて採用される比率は少ないですが、自然素材で調湿性に優れているため、健康面や環境面で評価されています。

耐火性やシロアリ対策が心配な木質ですが、セルロースファイバーの場合は難燃剤や防虫効果のあるホウ酸と組み合わせてつくられているため、耐火性や防虫性も安心です。

発泡プラスチック系断熱材

発泡スチロールのように細かな泡を閉じ込めた発泡プラスチック系は、以下のようなものがあげられます。

・押出法ポリスチレンフォーム
・ビーズ法ポリスチレンフォーム
・硬質ウレタンフォーム
・フェノールフォーム
・ポリエチレンフォーム

これらの発泡プラスチック系は材質によって特性が異なりますが、断熱性能の高さはほぼ同じです。あらかじめボード状になったタイプと、現場で吹き付けるタイプがあり、ボード状は外張り断熱工法に適していますが、施工性の良さから近年は吹き付けるタイプの採用も増えています。

原材料が有機物であるためコストと耐火性が難点です。フェノールフォームは、熱に強い特徴があり断熱性にも優れていますが、他の断熱材に比べて高価です。予算と性能のバランスを見て検討する必要があるでしょう。

参照元:積水化学工業 田中伸弘|ゼロ・エネルギー住宅に向けた断熱材

 断熱材の選び方

マイホームと計算機と通帳
このように、さまざまな種類のある断熱材。どのように選べばいいのでしょうか。ここからはどのように断熱材を選択すればいいのか、確認していきましょう。

費用と効果のバランスを考える

断熱材は種類もさまざまであり、特性やコストも異なります。
例えば、発泡スチロール系は耐水性・耐久性に優れていますが、コストが高くなりがち。そのため、耐水性が低いものの安価で手に入る無機繊維系の断熱材を、湿気の影響が少ない部分に限って施工するなどの選択もあり得ます。

>>茨城県ひたちなか市の建築相場と坪単価まとめ!自分の年収でできる家づくりとは?

地域の断熱に強い施工会社に相談する

家を建てるエリアや生活スタイルによって、最適な断熱材もさまざま。断熱材の基礎知識を身につけたら、家を建てたいエリアで断熱に強い施工会社へ相談するのが安心です。

特に、予算を割いて性能の高い断熱材を選んでも、施工経験や技術力が不十分な場合は求める断熱性能が得られないだけでなく、結露や腐食の原因となり住宅の耐久性にも影響します。そのため、断熱材の知識と施工技術が豊富な施工会社を選ぶのがおすすめです。

水戸市で高断熱な注文住宅はR+house水戸ひたちなかへお任せください

吹き抜けと本棚
R+house水戸ひたちなかでは、断熱性と気密性を高める施工を得意としています。「本物の環境にやさしい家を目指して」をモットーに、計算しつくされた断熱性能を実現。水戸市をはじめ、ひたちなか市や那珂市、東海村、鉾田市など、どの地域でも省エネで快適に暮らせる住宅性能にこだわった注文住宅をご提供しています。
水戸市周辺で高断熱な住宅の快適な暮らしを求めている方は、ぜひR+house水戸ひたちなかにご相談ください。
#茨城県水戸市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高断熱 #家づくりの基礎知識 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.15

注文住宅は木造と鉄骨どちらを選ぶのがいい?水戸市周辺での家づくり

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.15

水戸市・ひたちなか市の1日遊べるおすすめ公園9選!注文住宅を建てるおすすめエリアとは

株式会社八文字建設の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.03.31

【茨城県内、住みたい街・魅力ランキング】

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.18

水戸市周辺で快適かつ健康的に暮らすには換気設備が重要!換気の種類についても解説

前へ
ひたちなか市で注文住宅を建てるなら?水害や災害リスク・治安などをチェック!
水戸市で注文住宅を建てるなら?土地相場・子育て支援・水害リスクなどをチェック!
次へ
ひたちなか市で注文住宅を建てるなら?水害や災害リスク・治安などをチェック!
水戸市で注文住宅を建てるなら?土地相場・子育て支援・水害リスクなどをチェック!

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

明るい光が差し込むLDK

耐震等級3の 高耐震住宅

茨城県水戸市やひたちなか市といった地域は地震や災害が多い地域ではありませんが、とは言え、地震発生による住宅の安全性への不安はお持ちではないでしょうか。私たちR+house水戸ひたちなかでは、水戸市やひたちなか市に住む方々がより安心・安全な暮らしを実現できるよう、耐震性能にこだわった注文住宅を提供しています。
高断熱住宅のダイニング

高断熱な注文住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
R+house建築家

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house 水戸店
住所
茨城県水戸市けやき台3-6-1 スカイヒルズ102
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日、GW・年末年始