水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

ひたちなか市で注文住宅を建てるなら?水害や災害リスク・治安などをチェック!

家づくりノウハウ
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.03.18
株式会社八文字建設の家づくり写真
株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.02.29
最終更新日:2024.03.18

ひたちなか市で注文住宅を建てるなら?水害や災害リスク・治安などをチェック!

黒いガルバリウム鋼板のシンプルな平屋
発達した交通網で市内外へアクセスしやすい茨城県ひたちなか市は、居住地として人気の高いエリアです。そこでこちらでは「ひたちなか市周辺で注文住宅を建てたい!」とお考えの方に向けて、ひたちなか市にスポットを当てたエリア情報をご紹介。土地相場や子育て支援制度などをまとめました。ひたちなか市での家づくりを検討中の方は、ぜひ参考になさってください。

目 次

ひたちなか市はどんなところ?

ひたちなか市 勝田駅東口の街並み
ひたちなか市は、茨城県の太平洋沿い中央に位置するエリア。首都圏へのアクセスが良い立地で、JR常磐線の勝田駅からは、東京駅・上野駅・品川駅などの主要な駅に乗り換えなしで移動できるのが魅力です。加えて茨城県内で公園の数が最も多く、身近に自然を感じられるため、子育て世帯からも人気。ひたちなか市は豊かな自然と都市機能を兼ね備えており、住みやすさの評判が高い町です。

気候の特徴

太平洋に広く隣接するひたちなか市は、温暖な気候で年間を通して比較的過ごしやすいのが特徴です。特に冬は晴天の日が多く、積雪したとしても寒冷地のように除雪が必要になることはありません。
ところがその一方で、春~秋は雨が多くなりやすいという側面も。まれではありますが、過去に直撃した台風により、床下・床上浸水被害が発生したこともあります。生活しやすい気候ではあるものの、ひたちなか市には那珂川とその支流が流れており、降水量の増える時期は氾濫による水害に注意が必要なエリアです。

>>ひたちなか市の気候について、詳しくはこちら!

注意したい災害リスク

前述したように、ひたちなか市には那珂川とその支流が通っています。年間平均降水量は全国平均と比較して高くはありませんが、防災マップによると「那珂湊駅周辺エリア」「枝川小学校周辺エリア」「平磯駅周辺エリア」は、洪水・浸水・土砂災害といった水害の危険性があるとされるエリアです。そのため、該当エリアで住宅を建てる際は、盛り土で敷地を高くする・家の基礎を高床式にする・防水性に優れた塀で家を囲むといった対策が望ましいでしょう。とはいえ、水害リスクを避けたい場合は、川や海から離れるのがベストです。各種ハザードマップを活用し、水害の危険性が高いエリアを事前に確認しておくことをおすすめします。

また、ひたちなか市で注意すべきなのは水害だけではありません。ひたちなか市での家づくりには、地震対策も不可欠。地震は家屋の倒壊や地割れ以外に、地盤の液状化現象などを引き起こします。液状化現象とは、地震などの衝撃で地中の砂粒がバラバラになり、地盤がドロドロの液体状になることです。ハザードマップによれば、常陸青柳駅から那珂湊駅までの一部で液状化現象が起こりやすいとされています。マイホームの建築においては耐震性能にもこだわり、なるべく地震の被害を受けないように対策することが重要です。

>>ひたちなか市での水害リスクについて、詳しくはこちら!
>>ひたちなか市での地震対策について、詳しくはこちら!

ひたちなか市で受けられる子育て支援制度は?

4人家族と街の背景
ひたちなか市は「医療福祉費助成制度(マル福制度)」や「ひたちなか市出産・子育て応援事業」などの支援制度が充実しています。これらは、妊娠期~育児期までを経済面・精神面で公的にバックアップしてくれる制度です。中でも特筆すべきは「医療福祉費助成制度(マル福制度)」について。こちらは、妊産婦や小児などの医療費を一部助成してくれる制度ですが、2023年10月より小児については所得制限が撤廃されており、より子育てしやすい環境が整備されつつあります。

参考元:ひたちなか市「医療福祉費支給制度(マル福)のご案内|ひたちなか市公式ウェブサイト」
>>ひたちなか市の子育て支援制度について、詳しくはこちら!

ひたちなか市の家づくりにかかる費用は?

家の模型と計算機
ここでは、ひたちなか市の土地価格や注文住宅の維持費について説明します。

ひたちなか市の土地価格相場

2023年度におけるひたちなか市の平均坪単価は108,734円/坪(前年比+0.01%)で、過去10年間大きく変動することなく安定的に推移しています。ひたちなか市の主な交通手段は自家用車ですが、一方で都心部への通勤・通学には公共交通機関の利用が欠かせません。移動がスムーズにでき利便性に優れていることから、ひたちなか市では、駅に近い土地が高く評価される傾向にあります。なお、国税庁の調査では、ひたちなか市を含む茨城県で2023年度に着工された木造建築の費用は、1平方メートルあたり177,000円と算出されています。ひたちなか市でマイホームの建築を検討中の方は、土地代や建築費を見積もる際の目安にしてください。

参考元:国税庁「地域別・構造別の工事費用表(1m2当たり)【令和5年分用】」

>>ひたちなか市の土地価格や戸建てにおすすめのエリアについて、詳しくはこちら!
>>ひたちなか市の建築相場について、詳しくはこちら!

ひたちなか市で必要な戸建ての維持費

ひたちなか市で戸建てを建築した場合は、水道光熱費・固定資産税・都市計画税・リフォームやメンテナンス費用・シロアリ駆除といった維持費がかかります。特に茨城県を始めとする北関東ではプロパンガス使用の地域が現在も多いことから、都市ガスが整備されている地域と比較すると、ガス代が高くなる傾向にあります。また、マイホームは年数の経過とともに劣化するのが一般的です。特に建築後10年以降は、外壁や屋根、トイレ、キッチン、浴室といった部分で大幅な補修を行うケースが珍しくありません。たとえばシステムバスの交換には60~150万円、外壁材の重ね塗りには50~150万円など、住宅を長持ちさせるためにはある程度のまとまった金額が必要となります。こういったランニングコストを少しでも抑えるには、耐久性の高い資材を利用する・アフターサポートが充実した工務店・ハウスメーカーを選ぶといった対策を心がけましょう。

>>ひたちなか市でかかる税金・住宅維持費について、詳しくはこちら!

ひたちなか市で子育て世帯におすすめのエリアは?

赤ちゃんをベビーカーに乗せてお出かけする4人家族
ここでは、子育て世帯におすすめしたいひたちなか市のエリアについて見ていきましょう。

ひたちなか市で人気の小学校区

ひたちなか市で人気がある小学校は「市毛小学校」「勝倉小学校」「長堀小学校」「佐野小学校」「東石川小学校」など。いずれも公立小学校ですが、周辺にはスーパーやコンビニ、飲食店、運動広場などが充実し、立地に恵まれているのが特徴です。各エリアの環境をチェックし、ライフスタイルを踏まえて、家族にとって生活しやすい場所を選びましょう。

ひたちなか市は県内の市町村の中でも犯罪率が低く、治安が良い市といえますが、もしもの時のために対策しておくことは大事です。子どもの通学路をチェックしたり家のセキュリティ対策をしたりしておくと安心でしょう。

>>ひたちなか市の学区・おすすめエリアについて、詳しくはこちら!

ひたちなか市で人気の公園

子育てをするうえでは、学区以外に、公園への距離もチェックしておきたいところです。ひたちなか市には「国営ひたち海浜公園」や「笠松運動公園」「大島公園」「親水性中央公園」といった緑豊かな公園が点在しています。勝田駅周辺は利便性が高いだけでなく、親子が気軽に遊べる公園にもアクセスしやすいのが魅力です。子育て支援施設や病院なども集中しているため、特に小さな子どもを育てる家庭にとっては、暮らしやすい環境が整っていると言えるでしょう。

>>ひたちなか市でおすすめの公園・エリアについて、詳しくはこちら!

ひたちなか市で人気の保育園・幼稚園

ひたちなか市は、幼児教育や保育が無償化の対象になっており、3~5歳の幼児は認可保育所や幼稚園、認定こども園での保育料が無料です。中でも人気なのが「つだ保育所」「はなのわ幼稚園」など。どちらも比較的規模が大きく、子どもが自発的にのびのびと生活できるのが特徴です。そのほかにもひたちなか市には、公立保育所・公立小規模保育所・民間保育所・認可外保育施設・企業主導型保育施設・幼稚園が複数あります。子どもの将来とライフスタイルを考慮し、家族にとって適した住宅環境を選びましょう。

>>ひたちなか市の保育園・幼稚園情報について、より詳しくはこちら!

ひたちなか市で住宅ローンを組むなら?

住宅ローン
ひたちなか市では、常陽銀行・筑波銀行・茨城県信用組合・水戸信用金庫などで住宅ローンの融資を受けられます。それぞれで特徴は異なるため、金利だけでなく、契約者が病気・ケガで働けなくなったときや自然災害で罹災したときの保障など、細かい点まで比較することが大切です。また、選ぶ金利タイプによっても返済額は変動します。家は大きな買い物だからこそ、住宅ローンシミュレーションなどを活用し、後悔しないようじっくり検討する必要があるのです。

>>ひたちなか市の住宅ローンについて、より詳しくはこちら!

ひたちなか市で注文住宅を建築するなら「R+houseひたちなか」がおすすめ!

白い外壁のスッキリとした家
注文住宅の建築には、考慮すべき項目がたくさんあります。「何から始めるべきかわからない」と悩む方もいるかもしれませんが、家づくりはその土地のエリアや住宅事情に詳しい工務店・ハウスメーカーに相談するのがベスト。「R+houseひたちなか」は、土地探しから建築後のアフターサポートまで長くお付き合いできる工務店です。周辺エリアでマイホームの建築を検討中の方は、お気軽にご相談ください。

#茨城県ひたちなか市#建築家 #注文住宅 #新築 #R+house #おしゃれ

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.15

注文住宅は木造と鉄骨どちらを選ぶのがいい?水戸市周辺での家づくり

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.04.15

水戸市・ひたちなか市の1日遊べるおすすめ公園9選!注文住宅を建てるおすすめエリアとは

株式会社八文字建設の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.03.31

【茨城県内、住みたい街・魅力ランキング】

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.03.18

水戸市周辺で快適かつ健康的に暮らすには換気設備が重要!換気の種類についても解説

前へ
ひたちなか市で水害や地震のリスクのある地域は?注文住宅を建てる際は水害対策や耐震性も考慮しよう
【水戸市】注文住宅の断熱材はどう選ぶ?種類や特徴を知って快適な家をつくろう
次へ
ひたちなか市で水害や地震のリスクのある地域は?注文住宅を建てる際は水害対策や耐震性も考慮しよう
【水戸市】注文住宅の断熱材はどう選ぶ?種類や特徴を知って快適な家をつくろう

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

明るい光が差し込むLDK

耐震等級3の 高耐震住宅

茨城県水戸市やひたちなか市といった地域は地震や災害が多い地域ではありませんが、とは言え、地震発生による住宅の安全性への不安はお持ちではないでしょうか。私たちR+house水戸ひたちなかでは、水戸市やひたちなか市に住む方々がより安心・安全な暮らしを実現できるよう、耐震性能にこだわった注文住宅を提供しています。
高断熱住宅のダイニング

高断熱な注文住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
R+house建築家

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house 水戸店
住所
茨城県水戸市けやき台3-6-1 スカイヒルズ102
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日、GW・年末年始