水戸市・ひたちなか市周辺で建築家とつくる高気密高断熱な注文住宅
カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

カタログを請求する

カタログを
請求する

イベントの予約をする

イベントの
予約をする

家づくりの相談をする

家づくりの
相談をする

モデルハウス予約

モデルハウス予約

水戸市周辺で省エネ住宅を建てよう!種類や基準などを知って快適なマイホームを

家づくりノウハウ
公開日:2024.02.28
最終更新日:2024.03.18
株式会社八文字建設の家づくり写真
株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
公開日:2024.02.28
最終更新日:2024.03.18

水戸市周辺で省エネ住宅を建てよう!種類や基準などを知って快適なマイホームを

森の中の小さな家
省エネ住宅に注目が集まっている昨今。なんとなく省エネ住宅のイメージはできるけれど、具体的な認定基準や種類を知りたい方もいるのではないでしょうか。
この記事では省エネ住宅の基本知識をはじめ、基準や補助金制度などを紹介していきます。水戸市・ひたちなか市で省エネ住宅を建てようとお考えの方は、今回の記事を参考に、快適なマイホームをお得に手に入れませんか。

目 次

省エネ住宅とは?

省エネ住宅とは、エネルギーの消費量を抑えた快適な家をさします。省エネ住宅を実現させるために必要な性能は「断熱」「日射遮蔽」「気密」の3つです。これらの性能が高まると、夏は室外から熱が侵入するのを防ぎ、冬は室内の暖かい空気を逃さないため、冷暖房のエネルギー消費量が抑えられるのです。結果的に、光熱費のコストダウンにもつながります。
さらに、部屋ごとの温度差が小さいので、ヒートショックによる健康被害の予防にもつながるでしょう。

省エネ住宅の性能基準

風と日差しが心地よい広々開放的なテラス・アウトドアリビング
省エネ住宅と認定されるには、以下の2つの性能基準を満たす必要があります。

・一次エネルギー消費量
・外皮の断熱性能

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

一次エネルギー消費量基準

一次エネルギーとは、天然ガスや石油、石炭などの化石燃料や、原子力、水力などの自然界から取られたままのエネルギーのことです。
省エネ住宅は、一次エネルギーの消費量が標準仕様の住宅より少ない住宅のことです。

外皮の断熱性能基準

外皮とは、建物の壁や天井、床などを指します。外皮の断熱性能はUA(ユー・エー)値およびηAC(イータ・エー・シー)値で示され、地域ごとに基準値が設けられています。というのも、地域によって気候に差があるため。温暖な地域と寒さが厳しい地域で同等の性能の住宅を建てても、双方で快適に過ごせるとは限らないからです。
北海道夕張市は1地域、東京23区は6地域、沖縄県は8地域といったように全国を区分し、性能の基準値を段階的に設定されています。

参考元:国土交通省「地域区分新旧表」(令和2年7月時点)

UA値

UA値(外皮平均熱貫流率)は、室内外にどれだけ熱が出入りしやすいかを表した指標で、数値が小さいほど断熱性能が高くなります。では、省エネ基準に定められている地域区分ごとのUA値を見てみましょう。
地域区分
1 2 3 4 5 6 7 8
UA値
0.46
0.46
0.56
0.75
0.87
0.87
0.87

水戸市、ひたちなか市は5地域に区分されるため、省エネ基準に準ずる場合、UA値0.87以下である必要があります。

参考元:国土交通省「【参考】住宅における外皮性能」
参考元:国土交通省「地域区分新旧表」(令和2年7月時点)

>>注文住宅における断熱性能の違いによる室温と光熱費の違いとは?|水戸市・ひたちなか市の場合

ηAC値

ηAC値(冷房期の平均日射熱取得率)は室内に入り込む太陽日射の入りやすさを表す指標です。値が小さいほど遮蔽性能が高く、日射が入りにくい状態を表します。地域区分で求められるηAC値も表にまとめました。
地域区分
1 2 3 4 5 6 7 8
ηAC値




3.0
2.8
2.7
6.7
5地域に分類される水戸市・ひたちなか市では、3.0以下で省エネ基準を満たすことになります。

参考元:国土交通省「【参考】住宅における外皮性能」

省エネ住宅の種類

テラスの風景が見える開放的な広い玄関
省エネ住宅には「省エネ基準適合住宅」をはじめ「ZEH住宅」「長期優良住宅」などさまざまな種類があり、それぞれ性能や認定基準が異なります。主な省エネ住宅の特徴を見ていきましょう。

省エネ基準適合住宅

国が定めた最低限の基準を満たしているのが、省エネ基準適合住宅です。「一次エネルギー消費量が基準値以下」や「外皮からの熱損失量が基準値以下」が認定項目として設けられています。
なお、2025年4月以降に新築される住宅は、省エネ基準の適合が義務化される予定です。

参考元:国土交通省「2025年4月(予定)から全ての新築住宅・非住宅に省エネ基準適合が義務付けられます」

ZEH住宅

ZEHとは、エネルギー収支をゼロ以下にすることを目指す住宅のことです。壁や床、屋根などの断熱性を高めると共に、空調・照明には省エネ設備を導入して消費エネルギーの削減を図ります。さらに、太陽光発電設備などによってエネルギーを生み出し、省エネ基準達成住宅よりも2割以上のエネルギー削減を実現できます。
またZEHは、ZEH、ZEH+、ZEH Oriented、Nearly ZEH、Nearly ZEH+など色々な種類があり、求められるエネルギー消費の削減率や設備仕様が異なります。

>>ZEH住宅に必要な条件とメリット・デメリット│水戸市・ひたちなか市のZEH区分を解説

長期優良住宅

省エネのエコハウス(エネルギーゼロハウス)の性能評価
長期優良住宅とは、長期間良好な状態で住み続けられる措置が施された住宅です。認定基準には「省エネルギー性」をはじめ「劣化対策」「耐震性」といった項目があり、多方面からチェックされます。
長期優良住宅を新築すると、補助金や住宅ローンの金利引き下げなどのさまざまな優遇措置の対象になります。

LCCM住宅

LCCM(ライフ・サイクル・カーボン・マイナス)住宅は、二酸化炭素の排出量削減に特化。「住まいのエネルギー収支ゼロ」にするZEHを目指すだけでなく「建築・廃棄時も含めたエネルギー収支ゼロ」を達成しているのが特徴です。建築過程から生活、解体処分に至るまでに排出される二酸化炭素を可能な限り削減しています。

低炭素住宅

低炭素住宅とは、二酸化炭素の排出量の抑制措置がとられた建物のことです。
住宅から二酸化炭素を極力排出させないために、太陽光発電設備や蓄電池といった再生可能エネルギーを活用できる設備を設けています。また、UA値やηAC値は省エネ基準よりも厳しいZEH水準に基づいており、省エネ性も申し分ありません。
なお、低炭素住宅取得の際には固定資産税や不動産取得税などの優遇措置が受けられます。

スマートハウス

スマートハウスはZEH基準を満たし、HEMS(ヘムス)といったIT技術の活用によって電気を賢く使える住宅です。HEMSとは、エネルギー管理システムのこと。家庭で消費している電気やガスなどの使用状況がモニターに表示されるため、リアルタイムで把握できるようになっています。さらには使用電力を制御できる機能も搭載。家の中の家電をコントロールして、効率的に稼働してくれます。

省エネ住宅の補助金・給付金

おうち造りの資金計画
ここからは、省エネ住宅の補助金・給付金について見ていきましょう。

戸建て住宅 ネット・エネルギー・ハウス(ZEH)化等支援事業

ZEH住宅を建てる場合、ZEH化等支援事業を活用すると補助金が受給できます。ZEH、ZEH+など種類によって補助金額が異なりますが、今回は新築でZEHを建てる際の支援内容をチェックしてみましょう。

対象住宅

ZEH

主な要件

・強化外皮基準を満たしている
・一次エネルギー消費量が省エネ基準より-20%以上である
・ZEHビルダー/プランナーが設計建築する住宅である など

補助金額

・定額55万円/戸
・蓄電システム2万円/kWh(上限20万円かつ補助対象の経費の3分の1以内)

参考元:経済産業省 資源エネルギー庁「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの推進に向けた取り組み」

子育てエコホーム事業

2024年3月から「子育てエコホーム事業」がスタートします。子育て・若者夫婦世帯を対象に、省エネ住宅の取得促進を目的として40~100万円の補助金を支給。物価高騰の打撃を受けやすい世帯への支援策となっています。交付申請は、2024年中下旬から開始予定です。

対象者の主な要件

・申請時点において、18歳未満の子を有する世帯
・申請時点において夫婦である
・2023年4月1日時点でどちらかが39歳以下である世帯 など

対象住宅

・ZEH住宅
・長期優良住宅

補助金額

【ZEH住宅】1住戸につき最大80万円
【長期優良住宅】1住戸につき最大100万円

参考元:国土交通省「子育てエコホーム支援事業 事業概要」

省エネ住宅の減税制度や金利の優遇など

家と財布と家族
次に省エネ住宅を取得する際に活用できる、減税制度や金利の優遇も把握しておきましょう。

住宅ローン減税

住宅ローンを利用して省エネ住宅を建てる場合、ローン減税が適用されます。新築の省エネ住宅であれば、毎年ローン残高の0.7%が13年間所得税から控除されます。住宅ローン減税の適用となる主な条件は、次の通りです。

【主な条件】

・自らが居住する住宅
・合計所得金額が2,000万円以下
・床面積が50㎡以上 など

また、取得する住宅の種類によって借入限度額が異なるため、以下の表を参考にしてください。
住宅の性能
借入限度額
長期優良住宅・低炭素住宅
4,500万円
ZEH水準省エネ住宅
3,500万円
省エネ基準適合住宅
3,000万円
参考元:国土交通省「2025年4月(予定)から全ての新築住宅・非住宅に省エネ基準適合が義務付けられます」

【フラット35】S(ZEH)の金利優遇

省エネルギー性・耐震性を兼ね備えた住宅取得の際に利用できる「フラット35S」。通常の「フラット35」より、一定期間借入金利の引き下げが可能です。ZEH住宅では当初5年間、年-0.75%金利が引き下げられます。さらに長期優良住宅なら当初10年間、年-0.5%の引き下げになります。

参考元:住宅金融支援機構「フラット35」Sとは

>>水戸市周辺の住宅ローン・金利について!住宅ローンを組むときの手順や注意点も

水戸市・ひたちなか市で省エネ住宅を建てるならR+houseひたちなかへ

グレーの外壁に植栽が映える外観
快適な空間と、生活にかかるエネルギーの削減が実現できる、省エネ住宅。厳しい基準をクリアしているからこそ、健康にも環境にも優しい暮らしが叶うでしょう。
R+houseひたちなかは、省エネで高性能な住宅を提供しています。高断熱・高気密を実現すべく、全棟で専用機械と技術を駆使した気密測定を実施。正確な情報を提供し、安心できる家づくりを進めています。水戸市やひたちなか市で省エネ住宅を建てる際は、R+houseひたちなかへお任せください。
#茨城県水戸市#省エネ住宅 #注文住宅 #新築 #R+house #高気密 #高断熱 #長期優良 #低炭素住宅 #ZEH #補助金 #性能

おすすめのコラム
家づくりの豆知識をお伝えします。

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.11

水戸市での家づくりで必要な耐震性能とは?地域の災害リスクを知ろう

株式会社八文字建設の家づくり写真
暮らしのポイント
2024.05.11

水戸市、ひたちなか市で受けられる子育て支援とは?助成金の内容や手続き方法を紹介

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.11

水戸市で地震に耐える住宅を建てるには?耐震等級3のメリットをご紹介

株式会社八文字建設の家づくり写真
家づくりノウハウ
2024.05.11

注文住宅は木造と鉄骨どちらを選ぶのがいい?水戸市周辺での家づくり

前へ
水戸市周辺で快適かつ健康的に暮らすには換気設備が重要!換気の種類についても解説
ひたちなか市で水害や地震のリスクのある地域は?注文住宅を建てる際は水害対策や耐震性も考慮しよう
次へ
水戸市周辺で快適かつ健康的に暮らすには換気設備が重要!換気の種類についても解説
ひたちなか市で水害や地震のリスクのある地域は?注文住宅を建てる際は水害対策や耐震性も考慮しよう

おすすめの施工事例
こだわりの注文住宅の事例をご紹介します。

強みをご紹介
私たちの家づくりの強みをご紹介します。

明るい光が差し込むLDK

耐震等級3の 高耐震住宅

茨城県水戸市やひたちなか市といった地域は地震や災害が多い地域ではありませんが、とは言え、地震発生による住宅の安全性への不安はお持ちではないでしょうか。私たちR+house水戸ひたちなかでは、水戸市やひたちなか市に住む方々がより安心・安全な暮らしを実現できるよう、耐震性能にこだわった注文住宅を提供しています。
高断熱住宅のダイニング

高断熱な注文住宅

私たち「R+house水戸ひたちなか」では、水戸市・ひたちなか市・那珂市・東海村・鉾田市で注文住宅の建築をご検討の方が、安心して快適に暮らしていただけるよう、断熱性能の高い家づくりをしています。「断熱性能」の高さは1年中快適に暮らすために重要なポイントの1つです。高断熱な注文住宅で暮らすことで、冬は暖かく、夏は涼しい、省エネでコストパフォーマンスの高い快適な暮らしが実現できます。
R+house建築家

建築家との家づくり

誰もが「いつか住んでみたい」と思うような理想の住宅を、手の届く価格で実現する。それがR+houseのコンセプトです。そのような“理想をカタチにする家づくり”に欠かせないのが、建築家の存在。R+houseの建築家は、お客様それぞれのライフスタイルや価値観を表現した空間デザインをご提案し、将来の暮らしまで見据えた、生活にジャストフィットするマイホームをつくり上げます。「建築家に依頼すると、設計料が高くなってしまうから……」と、躊躇されるお客様も中にはいらっしゃるかもしれません。R+houseでは、建築家との家づくりの流れを可能な限りシンプルにすることで、こうした悩みを解決しています。

商品
私たちの商品をご紹介します。

おすすめのイベント
私たちが開催する家づくりのイベントをご紹介します。

相談会
個別相談会
2024年5月01日~6月30日
個別相談会
おうちづくりのギモンを解決!
参加費無料

株式会社八文字建設の家づくり写真
Instagramで投稿している写真をご紹介します。

株式会社八文字建設の家づくり写真

お問い合わせ
注文住宅に関するご相談を承ります。

R+house 水戸店
住所
茨城県水戸市けやき台3-6-1 スカイヒルズ102
営業時間
09:00~18:00
休業日
水曜日、GW・年末年始